毎晩熟睡していると普段の生活の質が上がるって本当?

長いだけの睡眠では意味が無い?

長いだけの睡眠では意味が無い?

睡眠は美容や健康のために必要となりますが、ただ長く眠るだけでは意味が無いとされており、質が最も重要となります。

理由としては、眠っている間に成長ホルモンと呼ばれるものが体内では作られますが、長いだけの睡眠ではそちらの作られる量が減ってしまうためとなります。

この成長ホルモンは肌を作るためにも重要ですし、健康な髪の毛を作るためにも必要なものとなります。

また、名前の通り子供の成長を促すものとなるため、長いだけの睡眠では体の発育を阻害されてしまい、脳にも影響するため、学力にも影響されていきます。

事実、正しい睡眠を取っている子供のほうが学力が高いというデータがあります。そのため、自分や家族の普段の睡眠を見直していくようにしましょう。

熟睡することのメリットとは?

熟睡することのメリットとは?

熟睡でき、質の良い睡眠を取るようにすることには幾つものメリットがあります。その一つは、美しい肌や髪を作ることができるというものです。

なぜなら、熟睡している間に成長ホルモンがたくさん分泌されるからです。この成長ホルモンの分泌によって、肌や髪が受けたダメージは修復されるため、肌のキメを整えたり艶のある髪にするのに効果を発揮するというわけです。

また別のメリットは、カロリーの消費量を上げることができるということでしょう。

熟睡している間に分泌される成長ホルモンは痩せホルモンとも呼ばれるほど、体に溜まった脂肪を分解する働きがあると言われています。

それで健康的に痩せたい人は、質の良い睡眠をしっかりととるよう心がけることができます。

熟睡できないことのデメリットとは?

熟睡できないことのデメリットとは?

よく言われますが、熟睡できないことのデメリットは、大きく分けて5つになります。

まず第一が、集中力が低下することです。これは質の良い睡眠が取れていないと身体全体の不活発になることから来ています。

頭の回転も悪く、動作も鈍くなり、仕事や人の応対が適切ではなくなってしまいます。

第二が、眠さが残っており、疲労感から脱出できないことです。健康に必要なホルモンが不足して起こります。

第三は、イライラが講じやすいことです。自律神経が乱れていることから起こります。人によっては、頭痛、めまい、動悸、吐き気などが起こることもあります。

そして第四で怖いのは、免疫細胞の不活発さから免疫力の低下で、細菌感染などの防御力がなくなることです。

さらに怖い第五は、うつ病になる危険性が出てくることです。セロトニンという神経伝達物質の低下が招く結果です。

したがって眠れる状態をしっかりと作ることが何よりも大事というわけです。