身体を鍛えるために欠かせない筋肉サプリの成分は?

筋肉サプリの成分クレアチンとは?

筋肉サプリの成分クレアチンとは?

クレアチンは、体内で合成されるアミノ酸の一種で、主に筋肉中に存在するメチルグリコシアミンという有機酸です。

体内においてクレアチンリン酸に変換され、エネルギー源として貯蔵されるため、瞬発力を必要とするスポーツなどに有効とされており、筋肉サプリの成分として配合されています。

クレアチンは、アルギニン、グリシン、メチオニンの3種類のアミノ酸から合成され、肝臓や腎臓、膵臓で作られます。

約95%が骨格筋内に、他には脳や神経細胞にも存在して絶えずエネルギーを作り出しています。身体能力や運動パフォーマンスの向上、筋肥大効果、除脂肪体重の増加、また脳の疲労軽減などさまざまな効果があるとされています。

筋肉のエネルギー消費量が多くなる高い瞬発力や強度が必要なシーンでは、それを上回るクレアチンを体内に備えておくことで、その作用がより期待できます。

筋肉サプリの成分DCCとは?

筋肉サプリの成分DCCとは?

筋肉サプリによく含まれているDCCには、主成分のクレアチンをはじめとして、筋肉に作用する成分や脂肪燃焼効果がある成分であるHMBやBCAAなどが含まれています。

クレアチンとはアミノ酸の一種で、体の筋肉のエネルギーの源となるものでもあり、瞬発力が必要な運動に特に優れた効果が期待できます。

さらに、筋肉の内部の水分量を増やすことができることから、筋肉量を増やす効果を期待することもできるので、筋肉サプリに含まれていることが多い成分となっています。

クレアチンには、細胞内に水分を引き込むという性質があるため、水分をしっかりと摂取しておかないと細胞外の水分不足が起こってしまいます。

肉離れや足がつるといった症状や脱水症状などを引き起こしてしまう可能性もあるので、筋肉サプリを飲む場合は同時に水も沢山飲むことが大切になってきます。

筋肉サプリの成分プロテインとは?

筋肉サプリの成分プロテインとは?

筋肉サプリの成分プロテインは、簡単に言えばたんぱく質のことです。どうしてたんぱく質が成分として筋肉サプリに含まれているのかと言うと、筋肉の材料となっているのがたんぱく質であるためです。

筋トレや運動などをして筋肉にダメージが加わると、筋肉はそのダメージを回復させるために動き出します。

その際には断裂した筋肉繊維が再び、元の状態に戻るような作用が発生するのですが、その際に筋肉サプリでプロテイン、すなわちたんぱく質を補給すると、その部分が増強され以前よりも太く、強い筋肉になることが期待できると言うことです。

たんぱく質は食事で摂取することも可能です。しかし筋肉に働きかけを期待するのであれば、ある程度、まとまった量のこれを摂取する必要があります。

そのたる筋肉サプリの成分プロテインとして摂取した方が効率が良いです。

したがって眠れる状態をしっかりと作ることが何よりも大事というわけです。