毎晩眠りが浅くて熟睡が出来ない原因は生活環境にあった?

熟睡できない原因は食生活にある?

熟睡できない原因は食生活にある?

運動不足やストレスなどが熟睡を妨げる場合がありますが、食生活が睡眠の質を下げる原因となる場合もあります。

まず、食生活の内容についてですが、麺類やご飯など糖質が高いものを主とした食生活を送ると血糖値が乱高下しやすく、睡眠の質を下げる原因となります。

他にも食事とともに摂取するアルコールやカフェインも同じく睡眠に悪影響となります。また、食事の内容だけでなく食事をとる時間帯や量も睡眠に影響を与えることがわかっています。

人間は食べ物を消化する際に多くのエネルギーを必要としますので、就寝前に満腹になるほどの食事を摂ると、内臓が食べ物の消化に多くのエネルギーを必要とするため、睡眠の質を下げてしまう可能性が指摘されています。

熟睡できない原因は運動不足にある?

熟睡できない原因は運動不足にある?

しっかりと睡眠ができている人は、日中に体を動かしている為、体も脳も心地よい疲れを感じて夜には眠くなる、自然なリズムがとれているのです。

長時間イスに座っての作業をしているとか、1日の殆どを家の中で過ごしている人は、慢性的な運動不足が原因で熟睡できない状態に陥ってしまいます。

眠るということは、脳や体を休ませて次の活動につなげるための生物の自然的な機能です。疲れを感じていない状態では、脳も体もまだ覚醒状態にあるので深い睡眠が取れなくなります。

適度な運動を日々の生活に取り入れることで、1日の疲れを癒すための質の良い睡眠へと体のリズムが改善されることでしょう。階段を積極的に使う、速足で歩くなどでも良い運動になるでしょう。

熟睡できない原因は仕事にある?

熟睡できない原因は仕事にある?

熟睡できない理由には様々なものが考えられますが、現代特有の理由の1つとして仕事が挙げられます。

また、一口に仕事が原因といっても、たとえば単純に夜勤が多いなど勤務形態が特殊であるのが理由である場合もあれば、仕事の内容や職場の人間関係など身体的・精神的な理由である場合もあります。

前者の場合は慣れていけば解決することもありますが、後者の場合は酷くなると鬱などの病気に発展する恐れもあり、早めの対策が必要となります。

良い仕事のためには睡眠時間が必要であり、また仕事で満足感や充実感を味わうことによって良い睡眠に繋がるなど、両者は密接な関係にあるといえます。したがって、今一度生活習慣を見直してみることも効果的でしょう。